腕の良い外科医

万博公園太陽の塔

大阪の街は国内の大都市圏の中でももっとも住みやすい街の一つといわれています。
ひとつはこの街の人々がオープンな感覚をもっているため、入ってくる人を拒まないことが大きなポイントになっているといえます。
気取らずに周囲とも打ち解けてバリアを作らないという大阪人の気質が住みやすい町を形成しているのです。
これは他の地域とはかなり異なる大きな差別化ポイントであり、しかもプラスの特性といえるものでしょう。
もとから住んでいる人たちはほとんど意識していないようですが、これはこの地域の大きな特徴となっていることは間違いありません。
無意識のうちにも醸成される雰囲気というのは地域の文化や生活を考える上では非常に興味深いものだといえます。

こうした大阪の住み易さというものを形成しているのは長く続いた商人の町という文化が大きく影響しているといいます。
つまり新規に参入してくるものを基本的に拒まないという街の姿勢がベースに流れていることが新しく住み始める人たちにバリアを感じさせず、住み易さを感じさせるものとなっているのです。
今を生きる人たちはほとんどそうした町の歴史といったものを意識はしていませんが、長く培われてきた伝統がその街に住む人にしっかり受け継がれているのです。
こうしたコミュニケーションや人との関係が、街の歴史にようって形成されているというのは非常に興味深いものがあります。
こうして今も大阪の町は新しい人を拒まない住みやすい街というものを継続し続けているのです。