知名度が高い

万博公園

現在の日本では地域偏在というものがおおきなもんだいとなっております。皆さんもご存じでしょう。
東京などの関東中心に、大学生が地方からものすごい数流入しております。その結果東北、北海道、九州、中国を中心に、過疎が大きな問題となっております。
いわゆる、地域高齢化現象というやつです。これが原因で、地方の産業は衰退しきって、なおかつ農業の衰退が顕著となっております。
ゆゆしき問題です。なおかつ都会では若者が多すぎて就職難にもなっております。
このままでは、日本のバランスは、食糧、公害、税金などのあらゆる面でほうかいしてしまうでしょう。また医師の地域偏在もおおきなもんだいです。
地方に医師は全くと言っていいほどいないのであります。

まず真っ先に思いつくのが、自治体による寄付金でしょう。今の時代あらゆる都道府県、市町村で、移住した場合の特別交付金なるものが支払われております。
また、住民税の減税なども挙げられます。要するに地方のほうがおかねの支出がやすくすむのです。
また、物価が安い、住居費用が安く済むということも挙げられますす。しかし、このような政策をやっている今現在ですら、地方偏在は否めません。
つまり更に国による施策が必要であります。どうするか。
更に日本政府が補助金を出す必要があるでしょう。また、地方ならではのいい点を、みんなに知ってもらうという手もあります。
例えば、空気がきれい、水がおいしい、子供が伸び伸びと育ってくれる。などです。